設備リスト

利用可能研究設備詳細

一覧へ戻る 本システムでの予約不可
事務作業番号 2094
装置名 超音波エコー断層撮影装置
総利用時間 / 総利用料金 0 時間 / 0 円
機種 メーカー VisualSonics FUJIFILM
型式 Vevo2100(フォトアコースティック・オプション)
性能/装置の原理・方式
Vevo2100は、顕微鏡に近い分解能(~30µm)を持ち、実験小動物(マウス、ラット、ウサギ)の生体内構造をリアルタイムにスキャンし、解剖学的に精細に視覚化、機能学的に高精度の定量化を行うことができる、in vivoマイクロイメージング装置です。レーザーによる「フォトアコースティックオプションVevoLAZR(680-970nmの範囲内で可変)を活用することにより、超音波だけでは難しかった高い感度・特異性を得ることができます。フォトアコースティックによる機能的情報は、超音波のB-Mode画像上に統合・オーバーレイ表示できるため、解剖学的位置情報と共にイメージングすることが可能。

対象物に探触子(プローブ)を当てて超音波を発生させ、反射した超音波を受信し、画像データとして処理する。超音波を発生させると、ごく短い時間のうちに、その音は対象物の中を進んでいき、固いものに当たると反射する。その反射音波を測定し、反射音が返ってくるまでの時間から距離を計算、内部の様子を可視化する。
設置場所 (宝町)実験動物研究施設4階 実験室2C
問い合わせ先
利用単価 検討中  
利用料金の支払方法
利用者が準備するもの
   (消耗品等)
イソフルラン麻酔液(フォーレン吸入麻酔液、アボットジャパン(株))
エコーゲル(EcoGel100、ECO-MED)
電極ゲル(SignaGel、Parker Laboratories)等の消耗品
装置外観 超音波エコー断層撮影装置
共同利用の範囲 学内のみ
利用可能時間 24時間 (但し、トラブル対応は9:00-17:00)
取扱い説明会
随時
利用資格 実験動物研究施設(宝町)の利用登録済みの学内教員および学生で、かつ本設備を用いる「動物実験計画書」の承認を受けている方。
遺伝子改変動物を使用する場合は、別途「遺伝子組換え実験」の承認が必要。
また必ず、事前に取扱説明を受けること。消耗品および小動物(外部からの持ち込み動物及び検疫室からの動物への使用不可)は、各自で用意すること。
オペレーター・トラブル対応者 オペレーター:無
トラブル対応者:有
依頼分析・共同研究 依頼分析  :  否
共同研究  :  可
この装置を利用して得たデータ等を公表した報文
フィードバック情報
一覧へ戻る 本システムでの予約不可