設備リスト

利用可能研究設備詳細

一覧へ戻る 本システムでの予約不可(こちらを参照
事務作業番号 2088
装置名 リアルタイム定量PCRシステム
総利用時間 / 総利用料金 0 時間 / 0 円
機種 メーカー STARTAGENE
型式 Mx3000P
性能/装置の原理・方式
PCR増幅産物の増加をリアルタイムでモニタリングし、解析する。
SYBR GreenとTaqManプローブ法による定量PCR。
4色までマルチプレックス定量PCR解析が可能。

光学系はタングステン・ハロゲンランプ、励起・蛍光検出フィルター、光ファイバー・ケーブル、PMTから構成されている。タングステン・ハロゲンランプ光源が発した光は、最初に励起フィルターを経由してサンプルに照射され、サンプルが発した蛍光は蛍光フィルターを経由して光電子増倍管(PMT)に到達し、検出される。
設置場所 (宝町)医学類F棟 2階 第2機器分析室
問い合わせ先
利用単価 検討中  
利用料金の支払方法 検討中
利用者が準備するもの
   (消耗品等)
96-well PCR Plate
装置外観 リアルタイム定量PCRシステム
共同利用の範囲
利用可能時間 24時間 時間外の利用はご相談ください
取扱い説明会
不定期
利用資格 取扱い説明を受講した者、及び経験者

設備利用申請の方法は下記をご覧ください
「医学系 教育研究支援センター」
http://center.w3.kanazaaw-u.ac.jp
オペレーター・トラブル対応者 オペレーター:無
トラブル対応者:有
依頼分析・共同研究 依頼分析  :  否
共同研究  :  可
この装置を利用して得たデータ等を公表した報文
  • 1) Genetic characterization of the virus causing H1N1 influenza pandemic in Chile: analysis of the first detected cases
    Fasce RA
    Rev Med Chil, 139, 833-40, 2011

  • 2) Enhanced molecular techniques for the diagnosis of human papillomavirus infections
    Ursu RG
    Rev Med Chir Soc Med Nat Iasi, 113, 1205-10, 2009

  • 3) Simultaneous detection of pathogens in clinical samples from patients with community-acquired pneumonia by real-time PCR with pathogen-specific molecular beacon probes.
    Morozumi M
    J Chin Microbiol, 44, 1440-6, 2006

フィードバック情報
一覧へ戻る 本システムでの予約不可(こちらを参照