設備リスト

利用可能研究設備詳細

一覧へ戻る 本システムでの予約不可(こちらを参照
事務作業番号 2087
装置名 全自動磁気細胞分離装置
総利用時間 / 総利用料金 0 時間 / 0 円
機種 メーカー ミルテニーバイオテク
型式 autoMACS Pro starting
性能/装置の原理・方式
複数サンプルの完全自動連続分離が可能
1秒間に1,000万個におよぶ細胞の処理が可能
免疫細胞、幹細胞、癌細胞、神経系細胞の分離が可能

磁気ピーズの付着したモノクロナール抗体を用いて、抗原抗体反応特異的に目的の細胞を磁気で分離する
設置場所 (宝町)医学類F棟 2階 第3機器分析室
問い合わせ先
利用単価 検討中  
利用料金の支払方法 検討中
利用者が準備するもの
   (消耗品等)
洗浄用70%エタノール
装置外観 全自動磁気細胞分離装置
共同利用の範囲
利用可能時間 24時間 時間外の利用はご相談ください
取扱い説明会
不定期
利用資格 取扱説明を受講した者、及び経験者

設備利用申請の方法は下記をご覧ください
「医学系 教育研究支援センター」
http://center.w3.kanazawa-u.ac.jp
オペレーター・トラブル対応者 オペレーター:無
トラブル対応者:有
依頼分析・共同研究 依頼分析  :  否
共同研究  :  可
この装置を利用して得たデータ等を公表した報文
  • 1) Whole-genome fingerprint of the DNA methylome during human B cell differentiation.
    Kulis M
    Nat Genet, 47, 746-56, 2015

  • 2) CD133-enriched Xeno-Free human embryonic-derived neural stem cells expand rapidly in culture and do not form teratomas in immunodeficient mice.
    Haus DL
    Stem Cell Res, 13, 214-26, 2014

  • 3) A draft map of the human proteome.
    Kim MS
    Nature, 509, 575-81, 2014

  • 4) The Menin-Bach2 axis is critical for regulating CD4 T-cell senescence and cytokine homeostasis.
    Kuwahara M
    Nat Commun, 2014, 5:3555, DOI:10.1038/ncomms4555

  • 5) Combination of glycolysis inhibition with chemotherapy results in an antitumor immune response.
    Marie Beneteau
    Proc Natl Acad Sci USA, 109, 20071-6

フィードバック情報
一覧へ戻る 本システムでの予約不可(こちらを参照