設備リスト

利用可能研究設備詳細

一覧へ戻る 本システムでの予約不可(こちらを参照
事務作業番号 2083
装置名 蛍光イメージング装置
総利用時間 / 総利用料金 0 時間 / 0 円
機種 メーカー エムエステクノシステム
型式 Odyssey CLx Imaging system
性能/装置の原理・方式
近赤外蛍光検出による定量的ウェスタン解析とCBB染色ゲル撮影。
マイクロプレートの細胞内タンパクを直接定量することが可能。
ゲルシフトアッセイ(EMSA)でもRI不要の高感度検出。
マウスでの近赤外蛍光 in vivo イメージング。

近赤外蛍光は化学発光(ケミルミ)に比べ、シグナルが常に一定であるため、シグナル強度とバンド濃度は比例関係となる。そのため、目的タンパク質の存在量比を正確に検出することが可能。また、2チャンネル同時検出、可視蛍光と比べ100倍以上の高感度検出が可能。
設置場所 (宝町)医学類F棟2階 第3機器分析室
問い合わせ先
利用単価 検討中  
利用料金の支払方法 検討中
利用者が準備するもの
   (消耗品等)
スキャン部を清掃するアルコール、蒸留水、ペーパータオル等、シリコンマット(備え付けのものあり)
装置外観 蛍光イメージング装置
共同利用の範囲
利用可能時間 24時間 時間外の利用は相談してください
取扱い説明会
不定期(センター職員による説明もあり)
利用資格 取扱い説明を受講した者、及び経験者

設備利用申請の方法は下記をご覧ください
「医学系 教育研究支援センター」
http://center.w3.kanazawa-u.ac.jp
オペレーター・トラブル対応者 オペレーター:無
トラブル対応者:有
依頼分析・共同研究 依頼分析  :  否
共同研究  :  可
この装置を利用して得たデータ等を公表した報文
  • 1) Coordinated activites of wild-type plus mutant EZH2 drive tumor-associated hypertrimethylation of lysine 27 on histone H3(H3K27) in human B-cell lymphomas.
    Sneeringer CJ
    Proc Natl Acad Sci USA, 107, 20980-5, 2010

  • 2) Oncogenic HER2{Delta}16 suppresses miR-15a/16 and deregulates BCL-2 to promote endocrine resistance of breast tumors.
    Cittelly DM
    Cfarcinogenesis, 31, 2049-57, 2010

  • 3) Sprouty2-modulated Kras signaling rescues Shp2 deficiency during lens and lacrimal gland development.
    Pan Y
    Development, 137, 1085-93, 2010

  • 4) Intracellular mechanisms regulating corticotropin-releasing hormone receptor-2beta endocytosis and interaction with extracellularly regulated kinase 1/2 and p38 mitogen-activated protein kinase signaling cascades.
    Markociv D
    Mol Endocrinol, 22, 689-706, 2008

フィードバック情報
一覧へ戻る 本システムでの予約不可(こちらを参照