設備リスト

利用可能研究設備詳細

一覧へ戻る 本システムでの予約不可
事務作業番号 5033
装置名 可搬型X線応力測定装置および揺動装置
総利用時間 / 総利用料金 0 時間 / 0 円
機種 メーカー パルステック工業
型式 µ-X360 および XY軸揺動装置
性能/装置の原理・方式
X線により非破壊的に金属表面の残留応力および回折環の半価幅を測定できる。フェライト系の測定が約1分と高速。平面揺動測定、ライン揺動測定、マッピング測定が可能。三軸応力測定も可能。
Cr(標準):鉄、ステンレス、アルミなど
オプション:Co、Cu、Mo、Mnなど

単一のX線を入射し、ブラッグの法則により円状に回折したX線を2次元検出器(イメージングプレート)で取得する。回折環を500分割してcosa法に基づき残留応力および半価幅を算出する。

設置場所 (角間)人間社会研究域人間科学系 工作実習棟
問い合わせ先
利用単価 30,000 円 /  時間
利用料金の支払方法 予算振替
利用者が準備するもの
   (消耗品等)
測定試料、個人線量計
装置外観 可搬型X線応力測定装置および揺動装置
共同利用の範囲
利用可能時間 10:00 - 17:00
取扱い説明会
随時
利用資格
X線取扱登録者であること
個人線量計を持参すること
取扱説明を受けること
測定試料を各自で用意すること
オペレーター・トラブル対応者 オペレーター:有
トラブル対応者:有
依頼分析・共同研究 依頼分析  :  可
共同研究  :  可
この装置を利用して得たデータ等を公表した報文
  • 1) Improvement in X-ray stress measurement using Debye-Scherrer rings by in-plane averaging
    Toshiyuki Miyazaki
    Journal of Applied Crystallography, Vol.49, pp.241-249(2016)

  • 2) Improvement of X-ray stress measurement from a Debye-Scherrer ring by oscillation of the X-ray incident angle
    Toshiyuki Miyazaki
    Powder Diffraction Vol.30, No.3, pp.250-255(2015)

  • 3) デバイリングのフーリエ解析による鉄鋼材料のX線応力測定
    藤本洋平
    材料、Vol.64、No.7、pp.567-572、July 2015

  • 4) X-ray stress measurement with two-dimensional detector based on Fourier analysis
    Toshiyuki Miyazaki
    International Journal of Materials Research, Vol.105, No.9, pp.922-927(2014)

  • 5) X線応力測定法-技術の概要と現場適用の動向-
    佐々木敏彦、中谷光良
    溶接学会誌, vol.84, No.1, 2015, pp.59-65

フィードバック情報
一覧へ戻る 本システムでの予約不可